映画『傷だらけの悪魔』
2017年2月4日(土)公開
COMICO
COMICO

イントロダクション

場面写真

私はこれまで、そこそこ上手く生きてきた。
そこそこかわいい顔、そこそこの家庭環境、そこそこの存在感。
新しい学校でも決してはみ出さず、浮かないように溶け込もう。
そんな私のそこそこの人生は、クソ女の復讐パンチで一瞬にしてコワれた。
なになに?
どーゆーこと??
なにしてくれちゃってんの、マジで???

場面写真場面写真

累計ダウンロード数2000万を超えるコミック・ノベルアプリ「comico」にて連載中、ティーンから圧倒的な支持を受ける澄川ボルボックス原作のコミックが、魅力的なキャストで衝撃の映画化。思いもよらない理由でイジメの標的にされるひとりの転校生。暗い過去を断ち切るために、彼女に復讐を誓う“元”いじめられっ子。イジメを何とも思わない、もしくは悪いこととは分かっていても声を上げないクラスメイト。そして現実から目をそむける大人たち。明るく楽しい学園生活の裏で繰り広げられる、“フツー”の女子高生たちの壮絶な戦いを、ポップで斬新な映像美によって切り裂いていく。

場面写真場面写真

主演の舞役に『劇場霊』(15)やドラマ「あまちゃん」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の足立梨花。壮絶な過去を抱える詩乃役には、雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてカリスマ的な人気を誇る江野沢愛美。他にも加弥乃や映画初出演の岡田結実らフレッシュな若手から、宮地真緒、川原亜矢子といった実力派女優まで顔を揃える。脚本は『少女』(16)の松井香奈。監督は星野源、乃木坂46等のMVを手掛け、そのユニークな映像世界が各界から注目される山岸聖太。

ストーリー

場面写真場面写真

親の都合で田舎の高校に転校してきた葛西舞。ダッサいクラスメイトとどこまでも続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しんでいこうと決めた舞の前に現れたのは、中学時代に同級生だった小田切詩乃。舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞のグループから酷いイジメに遭っていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって逆にイジメの標的とされた舞のスクールライフは、地獄の日々と化していく。でもいつまでも泣いてるわけにはいかない。孤立無援の中、ついに反撃を開始する舞だったが……。

キャスト情報

足立梨花
足立梨花

江野沢愛美
江野沢愛美

加弥乃
加弥乃

岡田結実
岡田結実

藤田 富
藤田 富

小南光司
小南光司
キャスト

スタッフ

監督・編集
山岸聖太
1978年生まれ。エンターブレイン映像企画部を経て、08年よりフリーランスで映像ディレクターとして活躍。主にバラエティDVDやMVなどの演出を手掛ける。また映像制作ユニット“山田一郎”のメンバーでもあり、星野 源、デザイナーの大原大次郎と共にインストバンド“SAKEROCK”のMV、DVDなどの構成・演出・編集を担当、「ホニャララ」のMVが「広告批評」が選ぶ2008年ミュージックビデオベストテンの第2位に選出。さらに、<SPACE SHOWER Music Video Awards>にてベスト・オブ・コンセプチュアル賞を受賞。ここ最近の演出作品(MV)は、KANA-BOON「ないものねだり」、乃木坂46「サヨナラの意味」、シンリズム「彼女のカメラ」など。本作が、長編映画監督作品デビュー作となる。


脚本
松井香奈
外資系広告代理店に勤務しながら執筆活動に従事し、シナリオ・センター研修科に所属。12年に、角川書店が主催する<イーハトーブ脚本賞>の最優秀賞受賞。14年には、自身で監督・脚本を手掛けた中編映像作品『弥勒のいと』が、青年海外協力隊創立50周年映画シナリオコンテスト入選、第3回ラジオ日本杉崎智介脚本賞脚本賞(前期)大賞、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞中編の部大賞を受賞する。15年には、映画『浄霊探偵』(都築宏明監督)や、深夜ドラマ「バブリシャス・ロード」(BS11)の脚本も担当。16年には、湊かなえ原作の『少女』の脚本を三島有紀子監督と共同で手掛けた。

ムービー

予告編